アマ十傑戦

海の日の休日、暑いなかをアマ十傑戦の大盤解説を聞きにいきました。

朝日新聞の主催だからか、解説は張栩名人。聞き手は酔っちゃん。決勝戦にわれらが洪さんの姿があると思ったのですが、あれれ。

名古屋予選で去年の優勝者を破ったはずの洪さんがなぜいない?

実はまさかの二回戦敗退で、洪さんを破った田中伸拓さんが決勝戦に駒を進めていたのです。張栩名人の解説は丁寧でわかりやすかった。酔っちゃんはいつもの名調子、と思ったのですが、十傑戦の優勝者を「アマ十傑?」と呼ぶなど得意の大ボケ。朝日主催だって後ろに旗が飾ってあるでしょう。アマ十傑戦の優勝者はアマ名人だよん。

結局は田中伸拓さんがアマ名人に。「日本で一番強いアマ」を目の当たりにしました。洪さんとの対局が事実上の決勝戦だった、といえるかもしれません。

そのあと神宮外苑のビヤホールでビールを飲んで(暑い日だったので最高!)、ヤクルト読売戦を見に行きましたが、石川いいとこなし。古田の一発だけの敗戦でした。それにしても古田は見るたびに足が遅くなっているなあ。もう来年は現役苦しいかも。

というわけで、よい休日だったの巻。
[PR]
by hastadomingo | 2005-07-18 22:58 | 囲碁
<< 昼休みに中国雑技団を見る 大手町サルサ >>